init.d 起動スクリプト

/etc/init.d/
以下には起動時に実行されるスクリプトが入っている。パッケージを導入した時に自動的に登録されるものは問題ないのだが、そうでない場合やちょっとしたスクリプトを起動時に実行しておきたい場合などは取り扱いについての知識が必要だ。

/etc/init.d/ <引数>
debianでは start stop restart の引数を使い、起動・停止・再起動を行う。例えば、 /etc/init.d/apache2 restart などは設定ファイルを再読み込みするのに良く使うだろう。

スクリプト自体は /etc/init.d/ におけば問題ないのだが、起動時に
/etc/rc[0-6].d/ においてあるシンボリックリンクが読み込まれて runlevel にあわせて実行される。


#update-rc.d <スクリプト名> defaults <システム起動時順序> <システム停止時順序>

#update-rc.d myscript.sh defaults 99 1
では myscript.sh を99番目(実際はスクリプトの総数による)に開始し、1番目に終わらせることを意味する。


普通のスクリプトを書く → /etc/init.d/に置く → update-rc.dで登録する
これだけで起動時自動的にスクリプトを読み込ませることができる。


もっと踏み込んだ、start stop restart を用いたinitスクリプトを作成したい場合には、以下のページが参考になると思う。

http://surf.ap.seikei.ac.jp/~nakano/linux/init.d.html
タグ:Linux script init.d

関連の話題を探す@人気ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。